2018年10月21日(日)

10/21 11:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 始動する臨海部経済圏 「NEO TOKYO」こんな街に[有料会員限定]
  2. 2位: 中国に振り回される日本株 決算にらみリスク見極め[有料会員限定]
  3. 3位: 企業、社会貢献の理念示せ 米ブラックロック会長[有料会員限定]
  4. 4位: 下げ相場では早逃げ、青木貞吉氏
  5. 5位: 金、くすぶる先高観 リスク回避で本格上昇も[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,532.08 -126.08
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,530 -60

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

10月19日(金)14:18

中国の7〜9月期GDP6.5%成長 2期連続で減速[映像あり]

9月の工業生産高↑5.8% 小売売上高↑9.2%

10月19日(金)13:05

[PR]

業績ニュース

塩野義、4~9月期純利益61%増に上方修正 過去最高に

2017/10/23 20:30
保存
共有
印刷
その他

塩野義製薬は23日、2017年4~9月期の連結純利益が前年同期比61%増の502億円だったと発表した。4~9月期として過去最高だった。従来予想は23%増の385億円だった。スイスの製薬大手ロシュと提携した新しいインフルエンザ治療薬について報酬額などの契約を見直し、前倒しで報酬が支払われた。18年3月期通期の業績見通しは30日の4~9月期決算発表時に公表する。

売上高は11%増の1720億円で、従来予想を95億円上回った。出資先の英ヴィーブ社に製造・販売権を提供した抗エイズウイルス(HIV)薬「テビケイ」の海外販売が好調で、ロイヤルティー収入が伸びた。ヴィーブからの配当金収入も予想を上回った。

国内では抗うつ剤「サインバルタ」などの販売が増えた。営業利益は25%増の555億円で、従来予想(4%増の460億円)を大きく上回った。

塩野義製薬は1日1回の服用でインフルエンザを治療できる新薬候補を開発している。ロシュとの間では16年2月、日本と台湾を除く全世界での開発で提携する契約を結んだ。開発の進捗に応じて受ける支払いのほか、製品化後は売り上げに応じてロイヤルティーを受け取る契約になっている。

新薬候補の最終段階の臨床試験の結果が良好だったため製品化が見通せるようになり、このほど開発成果の報酬額や支払時期などについて契約内容を見直した。その結果、ロシュからの成果支払いを4~9月期に前倒しで受け取ったという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム