ASEAN国防相、北朝鮮情勢に「深い懸念」

2017/10/23 18:25
保存
共有
印刷
その他

【クラーク=遠藤淳】東南アジア諸国連合(ASEAN)は23日、フィリピン北部のクラーク経済特区で国防相会議を開き、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮情勢について「深い懸念を表明する」などとした共同宣言を採択した。昨年の国防相会議後の共同宣言では北朝鮮情勢には言及しなかった。

共同宣言では「国連安全保障理事会の決議で生じる義務に直ちに従うよう北朝鮮に促す」と明記。地域の平和と安定を維持する必要性を強調し、朝鮮半島の非核化を支持するとした。

中国が海洋進出を強める南シナ海の問題については、中国との間で合意に達した南シナ海行動規範枠組みを「歓迎する」と記した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]