/

この記事は会員限定です

「規制緩和や関連法の整備を」衆院選受けスタートアップ企業

[有料会員限定]

衆院選の開票を受けて23日、スタートアップ企業の経営者からは、安倍政権への期待や要望の声が寄せられた。政府は企業の開業率を欧米並みの10%に倍増する目標を掲げるなど、スタートアップの育成を成長戦略の1つに据えている。起業家からは新たなビジネスの確立を競い合う中、規制緩和や関連法の整備などを求める意見も上がった。

インテリア関連のシステム開発を手掛けるリビングスタイル(東京・新宿)の井上俊宏社長は「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン