富士山が初冠雪 平年より23日遅く

2017/10/23 12:00
保存
共有
印刷
その他

初冠雪が観測された富士山(23日午前、甲府市から望む)=三浦秀行撮影

初冠雪が観測された富士山(23日午前、甲府市から望む)=三浦秀行撮影

甲府地方気象台は23日、富士山が初冠雪したと発表した。平年より23日遅く、昨年より3日早いとしている。

山梨県富士吉田市によると、同市職員も午前10時半ごろ、肉眼で冠雪を確認したという。同市は2006年から、独自の観測に基づき「初雪化粧」を宣言しているが、この日は「雪がまばらで『お化粧』とはいえない」と宣言を見送った。

気象庁の地域気象観測システム(アメダス)によると、23日午前10時の富士山の気温は氷点下3.3度だった。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]