2019年7月16日(火)

「待つしかない」 決着持ち越し、疲れにじむ

2017/10/23 11:30
保存
共有
印刷
その他

台風21号の影響で離島から投票箱を開票所に運べなかったため即日開票を見送り、決着が持ち越された佐賀2区と沖縄4区。「疲労困憊(こんぱい)だ」「待つしかない」。陣営の関係者や支持者らは23日朝も気をもみながら、午後の開票開始に備えた。

米軍普天間基地の名護市辺野古移設の是非を争点に、前職同士が大接戦となった沖縄4区。翁長雄志知事が支援した反対派の無所属、仲里利信氏を支援する県議は「台風は自然現象で致し方ない。ただ、もんもんとして疲労困憊だ」。自民の西銘恒三郎氏の陣営幹部も「ほとんど寝ていないが、最後まで気を引き締めたい」と話した。

佐賀2区はともに前職で、希望の大串博志氏と自民の古川康氏が激しく争う。両陣営の関係者は「まさかこんなことになるとは思っていなかった。開票を待つしかない」と口をそろえる。大票田の唐津市は午後2時に開票予定で、この日朝は事務所に人影はなかった。

一方、福岡市選挙管理委員会は23日午前、福岡3区に含まれる能古島と玄界島から投票箱が到着し、開票作業を再開した。市選管は台風の影響で島の投票箱を回収できなかったが、開票を始め、23日未明から中断していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。