/

この記事は会員限定です

注目選挙区、無党派層が勝敗左右

野党乱立、自民利す例も

[有料会員限定]

与野党が接戦を繰り広げた注目選挙区では、特定の支持政党を持たない無党派層の支持を獲得できたかどうかが勝敗を左右した。野党候補が乱立した選挙区では安倍政権への批判票が分散し、与党候補に有利に働く結果となった。

東京1区は立憲民主党から出馬した元職の海江田万里氏が自民前職の山田美樹氏を破った。全体の得票率は海江田氏が41%、山田氏が39%の僅差。無党派層の支持で山田氏が24%にとどまったのに対し、無党...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン