2019年2月20日(水)

テスラ、中国に単独で工場建設か 米紙報道

2017/10/23 8:59
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米テスラが中国・上海市の特区に単独で工場を建設することで地元政府と合意したと米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが22日報じた。実現すれば外資系自動車メーカーが中国に単独で工場を建設する初めての事例となる。中国政府はこれまで、技術移転を狙い外資系メーカーに現地企業との合弁設立を求めてきたが、政策の転換を検討しているもよう。

テスラは3月に中国政府に近い中国ネット大手・騰訊控股(テンセント)から約17億8千万ドル(約2千億円)の出資を受け、中国進出の足がかりとしていた。テスラは2014年に中国市場に参入し、16年の売上高は前年の3倍以上に拡大するなど急成長が続く。直販店舗や急速充電網への投資を進めている。ただ、現在は米国から電気自動車(EV)を輸出しているため、中国での販売価格は輸送費と関税分を上乗せして通常より50%ほど高くなっている。

特区に進出した場合、通常は関税の免税は受けられないが、少なくとも輸送費の圧縮にはつながる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報