山梨の保守対決、堀内氏に軍配 自民3候補を追加公認

2017/10/23 0:26
保存
共有
印刷
その他

保守対決となった山梨2区は堀内詔子氏が長崎幸太郎氏を破った。自民党の公認候補の調整が難航し、自民系の堀内、長崎両氏が無所属で出馬していた。堀内氏が所属する宏池会(岸田派)を率いる岸田文雄政調会長と長崎氏の後ろ盾である二階俊博幹事長の代理戦争になっていた。自民党は22日、勝った方を公認する事前の取り決めに従い堀内氏を追加公認した。

同党は埼玉11区で当選した小泉龍司氏と岡山3区で勝利した阿部俊子氏もそれぞれ追加公認した。いずれも山梨2区と同じく自民系2人が無所属で議席を争っていた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]