/

「非常に厳しい結果」 小池氏、敗戦の弁

【パリ=桜田優樹】希望の党代表の小池百合子東京都知事は22日、出張先のパリで取材に応じ、衆院選の開票結果状況について「非常に厳しい結果だ」と述べた。その上で、小池氏は党代表を続けるかどうかについて「立ち上げた責任はあるので、今後どうやるかも含めて仲間の議員それぞれと相談したい」と明言を避けた。

選挙戦について小池氏は「私自身におごりがあった。これまでは空中戦でやってきたが、小選挙区はそれだけではだめだった」と振り返った。

小池氏は自らが民進からの合流希望者の一部を「排除する」と発言し、批判を受けたことについても触れ、「不快な思いを抱かせてしまったことは申し訳ない」と改めて陳謝。「政策本位を考えたが、厳しい結果につながっているのは大きな問題だった。真摯に受け止めたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン