/

この記事は会員限定です

東芝、IoTに活路 開発人員5割増

デンソー工場に技術

[有料会員限定]

経営再建中の東芝は中核子会社であらゆるモノがネットにつながる「IoT」の開発人員を2年後に5割増の1500人にする。製造業を中心に開発したIoT技術基盤の普及を目指す。デンソーの工場で生産設備向けに採用が決まった。財務改善のため主力事業を相次ぎ売却した東芝は、稼げる事業の育成が急務だ。IoTに成長の活路を見いだそうとしている。

7月に分社したICT(情報通信技術)子会社、東芝デジタルソリューショ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン