2018年4月26日(木)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

拳四朗が初防衛 WBCライトフライ級

2017/10/22 18:52
保存
共有
印刷
その他

9回、ペドロ・ゲバラ(右)を攻める拳四朗(22日、両国国技館)=共同

9回、ペドロ・ゲバラ(右)を攻める拳四朗(22日、両国国技館)=共同

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦は22日、東京・両国国技館で行われ、チャンピオンの拳四朗(BMB)は挑戦者で元王者のペドロ・ゲバラ(メキシコ)を2―0の判定で下し、初防衛に成功した。

 拳四朗は序盤の4回まで劣勢だったが、中盤から距離を詰めて反撃。力強いフックを顔面だけでなくボディーにも集めてポイントで逆転した。

 25歳の拳四朗は京都府出身。父で元東洋太平洋ライトヘビー級王者の寺地永・BMBジム会長の指導の下、5月に世界初挑戦で王座を獲得した。デビュー以来の戦績は11勝(5KO)となった。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、体重超過により世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪された比嘉大吾選手(22)=白井・具志堅スポーツ=へのボクサーライセンス無期限停止処分を決 …続き (25日 17:35)

 国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級タイトルマッチ(5月20日・大田区総合体育館)で2度目の防衛を目指す王者の京口紘人(ワタナベ)の対戦相手が、IBFライトフライ級15位のビンス・パラス(フィリピ …続き (23日 19:41)

 レスリング女子68キロ級のジャカルタ・アジア大会代表選考試合が22日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、昨年の全日本選手権65キロ級覇者の源平彩南(至学館大)が代表に決まった …続き (22日 23:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]