/

超大型の台風21号、23日未明に上陸の可能性

和歌山で500ミリ超す雨

(更新)

超大型で非常に強い台風21号は22日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。前線の活動も活発化して全国的に大雨となり、太平洋側では48時間雨量が300ミリを超えた。夜には強い勢力を保って本州にかなり接近し、23日未明に関東や東海に上陸する見通しだ。

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域、赤円は風速25m/s以上の暴風域、白の点線は予報円。赤のエリアは暴風警戒域

気象庁によると、台風が暖かく湿った空気を運んで前線の活動が活発化し、22日夕までの48時間雨量は和歌山県新宮市で500ミリを超えたほか、太平洋側の複数の観測地点で300ミリを超えた。前線と台風の雨雲が連続して大雨が長時間続き、各地で避難勧告などが出た。

台風は速度を上げながら北東に進み、23日未明に、強い勢力で関東や東海に上陸する見込み。24日未明には北海道の東に進み、温帯低気圧に変わるとみられる。

23日午後6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで、東海500ミリ、近畿、北陸350ミリ、関東甲信300ミリ、東北250ミリ、四国、中国200ミリ。

台風21号は22日午後3時現在、日本の南の海上を時速約40キロで北へ進んでいる。中心の気圧は945ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン