/

この記事は会員限定です

機能性表示食品の届け出受理、トクホ上回る

[有料会員限定]

食品の健康効果を消費者にアピールできる機能性表示食品制度の利用が活発だ。2015年4月の制度開始後、届け出が受理された商品は1千を超え、特定保健用食品(トクホ)の許可・承認品目数を上回った。トクホに比べ手続きが簡易なため、今後も増加基調が続く見通しで、消費者は本当に価値がある商品かを見極める必要がある。

機能性表示食品制度は事業者が特定の食品の健康維持・増進効果を自身の責任で表示する制度。成分の効...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン