/

この記事は会員限定です

党首、全国駆けた12日間 衆院選22日投開票

[有料会員限定]

第48回衆院選は21日、選挙戦最終日を迎えた。各党党首は10日の公示から12日間、全国を駆け回り、安倍晋三首相(自民党総裁)の経済政策であるアベノミクスの是非などを巡って舌戦を繰り広げてきた。各党の発表や取材に基づき、8党党首の移動距離を合計すると7万7000キロになる見込み。21日は全国的に天気が崩れるなか、首都圏や接戦区を中心に支持を訴える。

22日の投開票を控え、街頭演説は21日午後8時まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1515文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン