2019年5月22日(水)

衆院選2017

フォローする

14市町村で投票前倒し 台風接近で追加措置

衆院選2017
2017/10/20 20:00
保存
共有
印刷
その他

日本列島に接近している台風21号に備え、各地の離島で衆院選の投票日を22日から前倒しする動きが相次いでいる。総務省は20日、全国で10都県14市町村が繰り上げ投票の実施を決めたと発表した。いずれも離島で、投票箱を開票所へ運ぶ船が欠航になる可能性があるため、20日か21日に投票日を前倒しする。

繰り上げを決めたのは、宮城県石巻市や三重県鳥羽市、東京都新島村などの離島。投票箱は22日の開票まで保管される。

今回の衆院選では、離島で投票箱の運搬に時間がかかるなどの理由から、全国25市町村の計75の投票所で投票を19~21日に前倒しすることが決まっていた。台風接近への追加対応と合わせると、全国計109の投票所で繰り上げ投票が実施されることになる。

台風21号は、投票日の22日に非常に強い勢力になって沖縄地方に近づき、全国の広い範囲で大雨となる見込み。投票率への影響も懸念されている。

衆院選2017をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報