/

この記事は会員限定です

「被災地を忘れないで」 避難指示解除から半年、いら立つ住民

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所事故の影響が続く福島県の4町村で今春、一部を除き避難指示が解除された。復興に向けた節目とはいえ、故郷に戻った住民は少ない。東日本大震災から6年半。衆院選の候補者は「被災地の復興」を訴えるが、住民の胸中には進まぬ生活再建へのいら立ちと諦めが交錯する。

3月末に帰還困難区域を除き避難指示が解除された同県浪江町。今月13日に町中心部を歩くと、商店街は廃屋や更地が目立ち、人の姿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン