2017年11月20日(月)

米司法省の神鋼への書類要求、従わねば罰則

神鋼不正
環境エネ・素材
法務・ガバナンス
2017/10/20 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 神戸製鋼所のデータ改ざん問題を巡り米司法省が同社に求めた書類提出が任意ではなく、従わねば罰則が付くものだったことが20日わかった。刑事責任を追及する捜査に進む可能性が高い手続きとされる。専門家の間では、法人としての同社や同社幹部らが連邦法の詐欺罪などに問われる可能性を指摘する声もある。

 米司法省が企業に文書提出などを求める手続きには、任意の資料報告要請と罰則付き召喚状の2種類がある。後者は検察官…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

神戸製鋼所米国司法省フォルクスワーゲン



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報