/

この記事は会員限定です

衆院選22日投開票 党首、最終盤は重点区へ

接戦区や大都市へ走る

[有料会員限定]

第48回衆院選は22日に投開票される。与野党の党首は20日、各党の終盤情勢分析などを踏まえ、全国を駆け回って追い込みをかけた。党公認候補が接戦となる小選挙区の応援や、人出が多い大都市部での比例代表の票掘り起こしに走った。

自民党総裁の安倍晋三首相は20日、神奈川県の街頭演説で「毎回この選挙区はデッドヒートだ。今回も本当に厳しい」と力説した。この日、足を運んだ神奈川、東京の選挙区は野党候補と競り合う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り587文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン