/

この記事は会員限定です

ライドシェア提携相次ぐ グーグル、米2位に1000億円超出資

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】「自動運転タクシー」の実現に向けライドシェア業界で提携が相次いでいる。19日、米2位のリフトは米グーグル系のベンチャーキャピタル(VC)を通じ10億ドル(約1126億円)の出資を受け入れたと発表。米首位ウーバーテクノロジーズもソフトバンクグループからの出資交渉が大詰めを迎えている。米配車大手を巡り、IT(情報技術)産業の巨人がぶつかり合う格好だ。

リフトはグーグル系VCから取締役も受け入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン