ロヒンギャ問題、軍がもたらした最速の難民危機 編集委員 飯野克彦

(1/3ページ)
2017/10/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミャンマーの実質的な最高指導者であるアウン・サン・スー・チー氏は、イスラム教徒の少数民族、ロヒンギャの問題で板ばさみに追い込まれている――。このコラムでそう書いたのは昨年12月でした。あれから10カ月。事態はいよいよ危機的になっています。ミャンマー軍の迫害を逃れようと、隣国のバングラデシュに流入したロヒンギャ難民が、50万人を超えたというのです。

■報告書、読むに堪えない蛮行を列記

足元の危機の発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]