2018年10月23日(火)

覇者・松下の失速、変化への感度鈍く

平成の30年
2017/10/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

未曽有の高成長を遂げた昭和から一変し、平成の日本経済は足踏みを続けた。そんな2つの時代の対比を最も鮮明に映し出すのが一時は世界を席巻した家電産業の失速であり、その盟主パナソニックの迷いに満ちた30年だ。

■平成に入り迷走、アジア勢に逆転許す 「これから管を喉に入れます。ご辛抱ください」という主治医の呼びかけに、風邪をこじらせ、極度に衰弱した老人は「いやいやお願いするのは私のほうです」とか細い声を振…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

巨艦パナソニック、幸之助の影と戦った中村改革[有料会員限定]

2017/10/21 2:00

「パネルベイ」と呼ばれた大阪湾[有料会員限定]

2017/10/21 2:00

電機産業が空洞化、業界の再編進む[有料会員限定]

2017/10/21 2:00

「VHSvsベータ」が示した存在感[有料会員限定]

2017/10/21 2:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報