2018年6月25日(月)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

阪神・俊介、8年目の目覚め 筋トレでパンチ力増す

2017/10/21 6:30
保存
共有
印刷
その他

 阪神は昨年、「超変革」をモットーに掲げ、チーム改革に取り組んだ。今年は「挑む」に変わったが、「超変革」の波は引き続きうねっている。

 金本知憲監督はレギュラーシーズンを終えて「若手の底上げは、ある程度できた」と言った。それでも「メンバーをなかなか固定できなかった」と、日替わりでないオーダーを組めなかったのを残念がった。

 だが、若手を競わせることは同世代の選手の成長を促すだけでなく、足踏みしている中堅層をも刺激するという、うれしい副産物を生んだ。その代表例が12勝を挙げた投の秋山拓巳、20ホーマーを放った打の中谷将大だった。

 もう一人、30歳、8年目の俊介(藤川)が遅ればせながら、今季後半戦になって目覚めた。2010年にドラフト5位で阪神入りしたときは、前年に引退した赤星憲広さんの後継者になると期待された。

俊介は切り込み隊長の役割を十分に果たした=共同

俊介は切り込み隊長の役割を十分に果たした=共同

 期待通りによく打ち、走る外野手だった。ただ、どこかのんびりとした様子が気になった。広島・広陵高と近大では1年生のときから中軸を任されるエリートだった。阪神でも背番号「7」をもらい、新人で1人だけ開幕1軍入りした。

 それほど輝いていたのだが、「素質だけで野球をしている」と見られる姿勢が飛躍を阻んだ。2年目から登録名は同姓の藤川球児と区別するために「俊介」になった。4年目から背番号は2軍選手並みの「68」に変えられた。

 「名前や背番号で野球をするわけではない」と鷹揚(おうよう)に構えたが、次第に出場機会が減り、複雑な気持ちだっただろう。金本監督は広陵高の先輩だが、特別扱いをしてくれるほど甘くない。ただ、ウエートトレで筋力をつけるようにアドバイスしてくれた。本塁打と盗塁を増やす力を秘めていると、素質を高く買っていたのだ。

 今年は7月末から、俊介と上本博紀で1、2番を組むオーダーが増えた。和田豊前監督もこの2人を弾頭に据えたことがあったが、上本、俊介の順だった。和田は俊介に“つなぎ役”を期待したが、金本はパワーをつけた後輩に“切り込み隊長”の役目を託した。

 筋トレの成果で体重が増えた俊介は「しっかりスイングできる」と自信を漏らすようになった。出場こそ74試合にとどまったが、打率3割9厘、4ホーマー、23打点はいずれもキャリアハイ。トップ打者に関する限り、来季はこれ以上の変革は無用と、パンチ力も走力もある打者として1番定着を目指す。

(スポーツライター 浜田昭八)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
植田(左)の足は球場に期待感をみなぎらせるだけの魅力を持つ=共同共同

 出塁するだけで、球場全体に緊張感と期待感をみなぎらせる選手がいる。足が速く、なにかを起こしてくれそう。赤星憲広、新庄剛志が去って以来、このタイプに恵まれなかった阪神に楽しみな快足選手が飛び出してきた …続き (6/9)

鳥谷は打撃の調子が上がらず、スタメン落ちするケースが多い=共同共同

 プロ15年目のシーズンを迎えた阪神の鳥谷敬が苦しんでいる。打撃の調子が上がらず、代打や守備固めでの途中出場も多い。ルーキーイヤーの2004年9月から続く連続試合出場は、順調なら今季中に2000の大台 …続き (4/28)

大山は巨人との開幕戦で1号2ランを放った(3月30日)=共同共同

 藤村富美男、三宅秀史、掛布雅之……。阪神の三塁手で長く活躍したのは、いずれも個性豊かなスターだった。今季は昨年に続き鳥谷敬が守るはずだったが、キャンプ終盤から2年目の大山悠輔(23)に代わった。
 新 …続き (4/7)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]