2017年11月23日(木)

マゼランシステムズジャパン、「みちびき」対応受信技術を開発 自動運転に

スタートアップ
自動車・機械
関西
2017/10/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 衛星の信号受信装置を開発するマゼランシステムズジャパン(MSJ、兵庫県尼崎市)は日本版GPS衛星「みちびき」に対応したチップ型の受信機を2018年春に発売する。価格を10万円程度に抑え、農業機械やドローンなどへの採用を目指す。来春に本格運用が始まるみちびきを使えば物体の動きを数センチメートル単位で正確に把握でき、自動運転などに道が開ける。MSJはこの受信機で市場をリードしたい考えだ。

 現在日本は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報