/

日産社長、不正が「組織的に常態化」

日産自動車の西川広人社長は19日に開いた記者会見で、完成検査の工程を全面的に見直すことを表明した。西川社長とのやり取りは以下の通り。

――是正した後もなぜ不正が起こったのか。

「現場への徹底が抜けていた。課長から係長へのコミュニケーションにギャップがあり、そこに落とし穴があった」

――現場への指示に問題はないのか。

「(再発防止を徹底しなければ)会社の信用が揺らぐということを係長まで伝えなければいけなかった。(有資格者の判子を無資格者が使用する)判子の問題や資格をもっていない人間が検査をすることが組織的に常態化していた」

――人手不足が原因か。

「簡単に人手不足とはいえない。資格を持った人間と持っていない人間がいる。効率よくしようと思うと(無資格者を)使いたくなる」

――問題が起こったのはカルロス・ゴーン会長がトップだった時期か。

「ゴーン氏の時代に起こったのかも分からないし、これから調査する」

――どのような対策を講じるのか。

「資格をもった人員を増やしたい。稼働を抑えて作業の負荷を下げるほか、IDや指紋認証を使うことも検討する。20年以上変えてこなかった完成検査員の養成プログラムも見直す」

――経営陣の責任は。

「今の責任を確実に実行し信頼を回復することだ。現経営陣を引っ張るのが私の責任だ」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン