緊張の甲板、2秒で空へ 米空母の実戦訓練ルポ

2017/10/19 21:24
保存
共有
印刷
その他

東京タワーの高さと同じ全長333メートルの甲板に、所狭しと並んだ空母艦載機FA18スーパーホーネットの数々。順番が来ると1機ずつ滑走路に進み、わずか60メートルの助走で次々に日本海の上空に飛び立った。スタートから時速200キロに達するまで、所要時間はわずか2秒。緊迫する北朝鮮情勢を映すように、米海軍が誇る最強の攻撃兵器が繰り返す実戦訓練は臨場感がみなぎっていた。

朝鮮半島の有事となれば、米軍の対…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]