/

この記事は会員限定です

建設業、工夫で作る「休める職場」(働き方改革最前線)

[有料会員限定]

「なぜ中部支店はこんなに残業時間が長く、休みも少ないんだ」

大手ゼネコン鹿島の片山豊常務執行役員は中部支店長に就任した3年前の驚きを忘れられない。各支店の残業時間を比べた社内資料で中部支店が飛び抜けていたのだ。

中部は2027年のリニア中央新幹線の開業をにらんだ再開発ラッシュで大型工事が集中している。そのため長時間労働が常態化し、若手社員の高い離職率が続いていた。片山氏は「このままでは人も集まらない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1278文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン