/

この記事は会員限定です

営業秘密の漏洩相次ぐ 罰則強化も

[有料会員限定]

従業員らが企業の営業秘密を漏らしたとされる事件は後を絶たない。警察庁によると、営業秘密に関する検挙は2013年は5人(13件)、16年は18人(25件)。この3年間で大幅に増えた。

愛知県警は昨年2月、菊水化学工業(名古屋市)の元常務を不正競争防止法違反(営業秘密開示)の疑いで逮捕。今年2月には愛知製鋼(愛知県東海市)の元役員ら2人も同容疑で逮捕した。

捜査関係者によると、今回の事件で逮捕された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン