/

この記事は会員限定です

ポリエチレン、5%値上げ 原料のナフサ高 製造設備修理で供給不安高まる

[有料会員限定]

包装用品に加工する合成樹脂、ポリエチレンの値上げが広がっている。大手石化メーカーは10月中旬からフィルムメーカーなどとの値上げ交渉に入った。主原料のナフサ(粗製ガソリン)価格高騰に加え、大型プラントの定期修理を控え供給不安が広がる。原料調達を優先したい需要家は受け入れる見通し。菓子袋やレジ袋メーカーのコスト負担が高まりそうだ。

最大手の日本ポリエチレン(東京・千代田)や宇部丸善ポリエチレン(東京・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン