さんわグループ、名古屋コーチンにタグを付けて販売

2017/10/19 21:33
保存
共有
印刷
その他

名古屋コーチンの販売などを手掛けるさんわグループ(愛知県大治町)は直営店で販売する名古屋コーチンの丸鶏に産地などを記したタグを付ける取り組みを始める。さんわグループの名古屋コーチンであることを明確にし、ブランド力の向上を狙う。

さんわグループは「三和の純鶏名古屋コーチン」などのブランドで、名古屋コーチンを全国の百貨店などに設置した直営店で販売している。丸鶏に付けるタグにはこのブランド名と、産地となる愛知県内の8農場の名称を記す予定だ。同社は名古屋コーチンをひなの飼育から調理加工、販売まで一貫して手掛けており、さんわブランドの浸透を図る。

まず伊勢丹新宿店に入る「伊藤和四五郎商店」で扱う丸鶏からタグの添付を始め、順次ほかの店にも広げるという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]