/

この記事は会員限定です

介護人材足りず、現場は悲鳴 争点の社会保障、どう充実?

[有料会員限定]

介護業界の人手不足が深刻さを増している。社会保障の充実は衆院選の争点の一つだが、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年を見据え、介護人材をどう確保していくのか、道筋は見えない。3年に1度の介護報酬改定を18年4月に控え、現場からは「議論をもっと深めて」と切実な声が上がる。

東京都八王子市の介護老人保健施設「ハートランド・ぐらんぱぐらんま」に10月中旬、介護職員に支えられながら通所利用の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン