フィリピンのドゥテルテ大統領、薬物捜査の戦線縮小へ
「超法規的殺人」で支持率低下 盤石な政権基盤に陰り

2017/10/19 16:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピンのドゥテルテ政権が、これまで強行に進めてきた違法薬物捜査を大幅に縮小した。旗振り役の国家警察を外し、今後は麻薬取り締まり局だけで行う。捜査を巡っては「超法規的な殺人」が行われているとして人権団体などが批判。国民の間にも不安が広がり、ドゥテルテ氏の支持率に陰りが見えていた。最優先政策を見直し、政権基盤を再び固めたい考えだ。

「これで死者は減るだろう。同情していた人やメデ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]