2017年11月23日(木)

空から診断・追肥 ヤンマー、ドローンで農作業変える

スキルアップ
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2017/10/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ヤンマーは、ドローンに搭載した特殊なカメラと、グループ会社が展開する産業用無人ヘリコプターを組み合わせた、圃場(田畑)の「リモートセンシング」をコニカミノルタと共同で2017年4月に始めている。稲の葉色と茎数を空撮したセンシングデータから圃場が持つ「地力」を測定。生育診断の結果から、地力に合わせて局所的に肥料の投入量を変更できる、世界初の可変追肥を無人ヘリで実現した。両社は10月1日付で、農業リ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報