/

VRで会社紹介、住商系が企画制作

投資家説明会や採用活動に

住友商事は19日、仮想現実(VR)を活用した会社紹介などのコンテンツ制作を始めると発表した。遠隔地で手がける事業でも現場を視察したような臨場感のある説明ができる。企業や自治体向けに採用活動や観光PRに利用してもらう。

グループ会社のアスミック・エースが企画やプロデュースをする。映画製作や映像コンテンツの企画制作をしており、消費者向けで蓄積したノウハウを活用する。取り上げる事業や観光名所にストーリーを持たせた内容にするなど、分かりやすく見せる。

まず、住友商事の鹿児島県の甑島での再生可能エネルギープロジェクトのコンテンツを製作した。投資家向け説明会などに活用する。年内にも自治体の観光PR向けなど1、2件の受注を見込む。

VR制作だけでなく、機器などを含めてイベントのプロデュースにも乗り出す。VR制作の期間は1カ月~半年で、制作費は撮影場所やCG(コンピューターグラフィックス)の内容によって数百万円から数千万円を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン