2019年2月20日(水)

太平洋側の津波データ欠損 19日、警報は通常通り

2017/10/18 22:30
保存
共有
印刷
その他

気象庁は18日、岩手県沖から茨城県沖の津波観測のデータが、19日午前7時から午後5時までの間、陸上の工事に伴う電源遮断で入手できなくなると発表した。津波の発生は全国の地震計のデータなどから予測するため、この間に地震が発生しても、津波警報に影響はないとしている。

気象庁によると、防災科学技術研究所が太平洋の日本海溝沿いに設置し、気象庁が観測データの提供を受けている125カ所の地震津波観測網のうち、52カ所についてデータが得られなくなる。観測点付近で発生した津波の検知は、最大20分程度遅れるとみられる。

津波警報は、欠損する観測データに関係なく、地震発生後、3分程度で発表される。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報