/

ホンダ社長、F1「ずっと続ける」 EVレースは否定

ホンダの八郷隆弘社長は18日、自動車レースの最高峰「フォーミュラ・ワン(F1)」について「レースはホンダのDNA。ずっと続ける」と語り、長期的に続ける意向を示した。世界的に人気が高まる電気自動車(EV)のレース「フォーミュラE」は「F1をやっている間は絶対にやらない」と参戦を否定した。

東京都内での学生向け講演会で述べた。ホンダは2015年からF1活動を続けるが成績が低迷。17年で英レーシングチームのマクラーレンと提携を解消し、来年からはイタリアのトロロッソと組む。八郷社長は「F1は継続しないと技術力がつかない。来年まず結果を出し、その先もしっかり続ける」と強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン