起業家のワールドカップ、日本代表を選出 国際展開を後押し
米VCのフェノックス

2017/10/18 20:40
保存
共有
印刷
その他

米ベンチャーキャピタル(VC)のフェノックスベンチャーキャピタルは18日、起業家の世界一を競うコンテスト「スタートアップワールドカップ」の日本予選を都内で開いた。10社のスタートアップが英語で事業計画を発表した。米国の有力VCが日本のスタートアップに着目するのは、彼らに奮起を促すためだ。

18日、スタートアップワールドカップ日本予選で日本代表に選ばれたセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズの阪根社長(中央左)

18日、スタートアップワールドカップ日本予選で日本代表に選ばれたセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズの阪根社長(中央左)

日本予選を勝ち抜いたのは洗濯物自動折りたたみ機を開発するセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京・港)だった。阪根信一社長は「行くからには世界一を取りたい」と語った。セブン・ドリーマーズは2018年5月に米サンフランシスコで行われる決勝大会に参加する。

スタートアップワールドカップは世界32地域で予選を開催し、地域の代表となる起業家を選ぶ。決勝大会を勝ち抜いた起業家には約1億円の賞金が授与されるほか、「世界チャンピオン」の栄誉が与えられる。

18日、スタートアップワールドカップ日本予選でプレゼンテーションする起業家

18日、スタートアップワールドカップ日本予選でプレゼンテーションする起業家

予選に参加したのは、人工知能(AI)開発のカラフル・ボード(東京・渋谷)など10社。病院や介護施設向けに対話型ロボットを開発するユニロボット(同)の酒井拓社長は「来年は世界で発売したい」と話した。

フェノックスはシリコンバレーの有力VCの1つ。約1500億円を運用し、世界32地域、115社以上に投資する。アニス・ウッザマン共同代表パートナーは日本での留学経験もある。データ解析のメタップス、家計簿アプリのマネーフォワードなど複数の投資先が株式を上場している。

ウッザマン氏は「日本の起業家の質は世界と比べても高い」と語る。だが、「投資候補となる企業は少ない」と続ける。その理由をウッザマン氏は「世界に目を向けていない」と指摘する。

そこで昨年から始めたのがスタートアップワールドカップ日本予選。前回、日本代表に選ばれたユニファ(名古屋市)は、IoTを活用した保育園向けサービスを提供する。世界大会でも優勝、海外から提携話が舞い込むようになった。起業家の意識が変われば、小粒と言われてきた日本のスタートアップへの評価も変わる。

(鈴木健二朗)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]