看板、保守かリベラルか 支持拡大へ各党手探り

衆院選2017
2017/10/19 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今回の衆院選では、各政党の立ち位置を表す言葉として「保守」や「リベラル」といった言葉をよく耳にする。民進党が希望の党への合流組と立憲民主党への参加組などに分裂したのがきっかけだ。希望は自ら「改革保守」を標榜し、立憲民主党は「リベラル新党」と位置づけられることが多い。自分たちの立ち位置をどう表現すれば支持を広げられるかを探る様子もにじむ。

政治の世界で使われる保守やリベラルという言葉の定義は必ずし…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]