/

東京モーターショー、「エコ」「自動運転」が競演

トヨタの燃料電池車「ファイン―コンフォート ライド」は「ミライ」に比べて航続距離を5割伸ばした

自動車各社が10月27日開幕の東京モーターショーで電動対応車両を前面に打ち出す。トヨタ自動車は航続距離を5割強伸ばした燃料電池車(FCV)のコンセプト車を出展。ホンダはスポーツタイプの電気自動車(EV)を披露する。世界的に環境規制が強まる中、次世代エコカーで技術力を発信するほか、人工知能(AI)を組み合わせる動きも目立つ。

スズキが展示する「イー・サバイバー」は2人乗りの四輪駆動型EV

トヨタは18日、東京モーターショーに出展するFCVを発表した。コンセプト車の「ファイン―コンフォート ライド」は航続距離を量産型FCV「ミライ」に比べて5割強伸ばし、約1000キロメートルとする設計だ。水素の充填時間は約3分。現時点で市販予定はないというが、内装は自由な姿勢に調整ができるシートのほか、音声で道案内をする機能なども備える。

ダイハツの商用EV「DNプロカーゴ」は女性やシニアが作業しやすいように室内を広くした

FCVではバスの「SORA(ソラ)」も出展。2018年に発売予定で、東京五輪開催に合わせ、東京都を中心に100台以上の導入を目指す。トヨタは今年、FCV型バスを発売したが、ソラは居住性を向上したり、カメラでバスの周辺の歩行者などを監視できる日本初の機能を備えたりすることで安全性を高めているのが特徴だ。

世界的に環境規制が強まる中、EVの出展も相次ぐ。スズキの「イー・サバイバー」は2人乗りの四輪駆動型EVのコンセプト車で、車体を軽くコンパクトにした。ダイハツ工業が参考出展する商用EV「DNプロカーゴ」は女性やシニアが乗りやすいよう床を低くし室内高を1.6メートルに高くした。日産自動車はEV「リーフ」をベースに開発したスポーツ車ブランド「NISMO」のコンセプト車を出す。

ホンダはスポーツタイプのEVのコンセプト車を世界初出展。欧州で19年に発売を予定する量産型EVのコンセプト車も披露する。

自動運転時代を見据えてAIを組み合わせて先進性を出す動きが増えているのも今回の東京モーターショーの特徴だ。ホンダのスポーツタイプのEVはAIでドライバーの表情や運転の習性を分析し、運転支援につなげる機能を持つ。

トヨタもAIを使い、ドライバーを支援するEVのコンセプト車を公開する。心理状態などを推定して支援が必要だと判断すると、自動運転モードに切り替わる。

三菱自動車のAI搭載車はユーザーの会話や行動を学習する。ドライバーとAIの会話で空調やワイパー、ライトなどを操作。会話の内容から好みに合うレジャースポットや飲食店を紹介する。

欧州や中国で開かれるモーターショーでは、独フォルクスワーゲン(VW)など各社がEVを軸とした電動化戦略を示す動きが相次いでいる。東京モーターショーでも国内勢はエコカーを充実させるほか、自動運転の普及を見据え、AI搭載車やコネクテッドカー(つながる車)にも注力する姿勢を示す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン