/

この記事は会員限定です

検査員の認定は各社でばらばら

[有料会員限定]

日産の無資格検査問題の背景には、今回不正が発覚した「完成検査」を担う検査員を各メーカーが独自の基準で認定し運用する実態も影響しているとみられる。

完成検査はメーカーが国に代わって完成車の安全性を最終確認する工程で、国から指定を受けた車の原型である「型式」と照らし合わせ、ブレーキやハンドルの性能などを調べる。完成車は本来、国が1台ずつ安全性を検査する必要があるが、各メーカーの検査員が完成検査を代行するこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン