/

電通と博報堂がDataRobotと契約、機械学習基盤を活用

日経ニューメディア

電通デジタルと博報堂DYホールディングスはそれぞれ、米DataRobotとパートナー契約を締結したと2017年10月17日に発表した。両社は、DataRobotの機械学習プラットフォーム「DataRobot」を用いたマーケティングソリューションの提供を開始する。

電通デジタルでは、企業が保有するファーストパーティーデータと電通グループが保有する各種オーディエンスデータおよびテレビの実視聴ログデータ、購買データなどを統合した独自パブリックDMP(Data Management Platform)の「People Driven DMP」と連携させる。これにより、DataRobotによりエンドユーザーの購買確度や購買要因などを高精度に予測する。

さらには、予測結果をマーケティングオートメーションやCRM、SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)、広告プラットフォームなどのマーケティングツールへ連携させていく。

博報堂DYホールディングスは、DataRobotとコンサルティングパートナー契約を締結した。DataRobotを博報堂DYグループが保持する「生活者DMP」のマーケティング・インテリジェンス機能として採用する。加えて、新たな生活者データ・ドリブンマーケティング・ソリューションの開発に着手する。

(日経ニューメディア 田中正晴)

[ITpro 2017年10月18日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン