/

三菱自、完成検査の報告を全工場でIT化 指紋認証も導入

三菱自動車は18日、完成車の検査の記録をタブレット端末などIT(情報技術)を使った方式に統一すると発表した。新たに指紋認証も導入し、資格を持っている従業員でなければ検査できないようにする。一部工場では、はんこで記録していたが全工場に広げ検査体制を強化する。

タブレット端末にIDなどを使って記録する方式を順次、全工場に広げる。日産自動車で資格を持たない従業員が完成車を検査していた問題を受け、三菱自も国内工場を調査、適正に検査していたことを確認していた。

日産では資格を持たない補助検査員が有資格者のはんこを使い、検査をしたと記録する不正があったことが明らかになっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン