/

この記事は会員限定です

衆院選も人手不足 投開票立ち会いなど人件費かさむ

[有料会員限定]

衆院選の投開票が22日に迫ってきた。選挙と聞いて思い浮かぶのは投票所の淡々とした作業風景だ。選挙には、投票所の運営などで国のお金が600億円ほど使われている。有権者1人あたりに換算すると約600円。ビジネスパーソンのランチ代ほどの金額を安いとみるか高いとみるかは人それぞれだが、使い道は知りたいところだ。

「衆院選はいつも突然やってくる。立会人を公募しても簡単には集まらない。前回と同じ人にお願いする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン