2018年12月17日(月)

結婚式の平均総額354万円 客1人当たりは過去最高
ゼクシィトレンド調査

2017/10/18 17:44
保存
共有
印刷
その他

結婚情報誌「ゼクシィ」を発行するリクルートマーケティングパートナーズ(東京・中央)は18日、2017年の結婚式や披露宴の費用に関する調査結果をまとめた。総額の平均は354万8000円と16年比で約5万円減った。招待客1人当たりの費用は過去最高を更新したが、平均招待客数が1.4人減ったため。3年ぶりのマイナスとなったが、「結婚式にお金をかける傾向は変わっていない」(同社)という。

ハローキティが式を祝ってくれる演出が好評だ

ドローンで上空から撮影することで、参列者の一体感を強調できる

「結婚トレンド調査2017」によると、結婚式への招待客1人当たりにかける費用は6万4000円と過去最高を更新した。料理や飲み物の費用も前年から200円増えて1万8500円。ただ、披露宴の平均招待客数は70.2人だった。新婦の衣装の総額(首都圏)については43万7000円と16年から1万6000円ほど減った。

結婚式の演出で多かったのは「生い立ち紹介などを映像演出で行う」(78.5%)「(ウエディングケーキを互いに食べさせあう)ファーストバイト」(78.1%)、「花嫁の手紙を読む」(77.9%)。風船などを使って会場を飾り付けたり、テーブルごとに写真撮影をしたりと、カップルによって趣向を凝らしているようだ。

式場各社も多様な演出を提案する。大手のノバレーゼは9月から結婚式の様子をドローン(小型無人機)で撮影し、式の最後に流すサービスを始めた。エスクリも、ハローキティなどのキャラクターを式に呼ぶサービスが人気となっている。

今回の調査は、16年4月~17年3月に結婚(予定含む)したゼクシィの読者を対象に1万5489人に調査票を郵送し、5123人から有効回答を得た。

(長尾里穂)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報