/

この記事は会員限定です

供託金はどうなる? 一定票数に届かねば全額没収

衆院選Q&A

[有料会員限定]

Q 衆院選に立候補する際に必要な「供託金」とは何ですか。

A 衆院選では小選挙区は300万円、比例代表は600万円(重複立候補する場合は300万円)の供託金がそれぞれ必要だ。売名目的の候補者乱立を防ぐためで、個人や政党・政治団体は立候補の届け出までに法務局に供託金を納める。

Q 選挙が終われば返金されるんですか。

A 小選挙区では、有効投票総数の10分の1以上を得票できた候補者は落選しても供託金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン