若者どう動く?「18歳選挙権」で初の総選挙
保守・低い投票率……浮かぶ2つの傾向

衆院選2017
2017/10/18 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

22日投開票の衆院選は、選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられてから初めて実施される総選挙となる。日本経済新聞社の調査などからは「保守」「低投票」という若年層の2つの特徴が浮かび上がる。若者の政治意識を高める主権者教育の充実化は欠かせず、240万人いる新たな有権者の行方が焦点となる。

「なぜ投票することが大事なのか、きちんと考えてほしい」。玉川学園高等部(東京都町田市)は17日、公民科の授業時…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]