2017年12月18日(月)

中国共産党大会

フォローする

習近平の支配はこちら

台湾当局、習近平氏に反発 「一つの中国」は一方的

中国共産党大会
中国・台湾
2017/10/18 15:44
保存
共有
印刷
その他

 【北京=伊原健作】台湾で対中国大陸政策を担当する行政院(内閣)大陸委員会は18日、中国に対し「一方的に作り上げた『一つの中国』原則などの方針では(台湾の)人々の同意を勝ち取ることはできない」との声明を出した。中国共産党の習近平総書記が同日、北京で開幕した党大会で、台湾統一は必然の要求などと発言したことに反発した。

 習氏は党大会での活動報告で、「祖国の完全な統一は必然的な要請だ」と台湾の統一を推進する姿勢を強調した。「両岸(中台)の同胞があらゆる国家分裂活動にともに反対し、中華民族の偉大な復興の実現に向け奮闘するよう促すべきだ」と述べた。

 中台関係を巡っては「運命をともにする骨肉の兄弟」とされ、「台湾の現行社会制度と台湾同胞の生活様式を尊重し、(中国の)発展のチャンスを誰より早く分かち合いたい」などの融和的な文言も盛り込まれた。

 ただ交流には前提条件があるとも強調した。中台双方が1992年、中国大陸と台湾が1つの中国という国に属するとする「一つの中国」原則を認め合ったとする「92年コンセンサス」を認めるよう台湾側に求めた。

 台湾の大陸委は中国側の主張に「残念だ」とコメントし、「民主制度こそが台湾の核心的価値だ」と統一を拒む姿勢を示した。蔡英文政権は「92年コンセンサス」を完全には認めておらず、中国側は外交関係の切り崩しなどの圧力を強めている。

中国共産党大会をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

台湾政府中国政府習近平中国蔡英文台湾北京中国共産党

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報