/

この記事は会員限定です

インド成長鈍化の懸念に光 自動車販売底堅く

[有料会員限定]

インド経済の成長鈍化の懸念が高まっている。4~6月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比5.7%増と約3年ぶりの低成長に落ち込んだのをはじめ、8月以降は成長鈍化を示す統計や経済見通しが続いた。だが、経済のけん引役である個人消費など一部では明るい材料も見え始めている。

ムンバイ市内にある自動車大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラの販売店。ヒンズー教の新年を祝う「ディワリ」を19日に控え、週末は他の月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1393文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン