/

この記事は会員限定です

三菱商事や日産、EVで電力安定供給

[有料会員限定]

三菱商事日産自動車は欧州で電気自動車(EV)を組み合わせた電力供給システムの実用化に乗り出す。充電も放電もできる「充放電ステーション」にEVをつなぎ、電気が足りないときはEVの電池から電気を送電網に送る。風力や太陽光など再生可能エネルギーは発電量にばらつきがあるのが弱みだ。EVの電池と組み合わせることで需給を調整し、再生エネの普及を後押しする。

三菱商事は欧州で3万台以上の充電ステーションを運営するオランダの企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン