2019年5月21日(火)

ボルボ、EVの戦略ブランド発表、19年発売

2017/10/17 21:00
保存
共有
印刷
その他

【上海=小高航】スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーは17日、電気自動車(EV)主体の戦略ブランド「ポールスター」の新型車を発表した。高性能なスポーツタイプで、四川省成都に建設中の工場で2019年半ばに本格生産を始め、中国など世界市場に投入する。英仏や中国政府は将来、ガソリン車を禁止する意向を示しており、新ブランドでいち早く需要を取り込む。

新型車「ポールスター1」は4人乗りの2ドアクーペで、ガソリンエンジンとモーターを併用するプラグインハイブリッド車(PHV)。1回の充電で150キロメートルのEV走行ができる。17日に受注を始めた。日本でも販売する方針だ。

比較的に小型な「2」や多目的スポーツ車(SUV)タイプの「3」も順次、販売する。「2」以降はガソリンエンジンを積まないEVとなる。毎月一定額を支払い2~3年で新車に乗り換えられる方式を採用する。

ボルボは7月、有力メーカーで初めて、19年以降に発売するすべての新型車をEVなどの電動車にすると発表した。傘下の高性能車部門だったポールスターをEV主体の独立ブランドに衣替えし、高級EVで先行する米テスラなどに対抗する。

新エネルギー車を巡っては、英仏政府が40年までにガソリン車やディーゼル車の販売を禁止するほか、中国やインドも追随する方針を示している。トヨタ自動車など大手各社も対応を迫られる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報