/

この記事は会員限定です

EC国内市場15兆円突破 高齢者や共働き増加が影響

[有料会員限定]

経済産業省によると、電子商取引(EC)の国内市場規模は2016年に初めて15兆円を突破した。百貨店やドラッグストアの市場規模の2倍以上になり、物販全体のうちネットを介して売買される比率は5.4%になった。スマートフォン(スマホ)の普及や、店舗を訪れて買い物することを負担に感じる高齢者や単身者、共働き世帯が増加していることが拡大を後押ししている。

ただ5年で倍増という急成長により、人手不足を背景に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン